2015年06月10日

梅雨入り

 関東も梅雨入りしたようで。

 梅雨の時期は、晴れる日が3割程度というような話をニュースでやっていましたが、今日は晴れ。

 昔、高校まで野球をやっていましたが、高校の時なんかは、2週間に一度しか休みがありませんでした。平日は朝練と放課後から夜遅くまでの練習、週末は練習試合の繰り返しで、イレギュラーに休みになるのは週末の練習試合が雨で中止になった場合だけ。今だから言えますが、あれだけ毎日野球をやっていると練習だろうが試合だろうが部活があること自体が嫌になりますので、とにかく「日曜日に雨にならないかなぁ」と、練習終わって家に帰った後は、どの局だろうと予報は同じだと分かっていながらも、複数のチャンネルを梯子しながら天気予報を見ていました。

 で、天気予報を食い入るように見ていた当時の一方的な印象ですが、梅雨の時期って雨が降りそうで降らないもんで、予報に雨マークがついていても練習も練習試合も全然中止にならなかった記憶があります。特に「曇り時々雨」という予報が困ったもんで、雨マークがついているんだからちゃんと雨が降ってくれていればいいものを、単に曇っているだけで一滴も雨が降らないので試合は中止にはならず・・。そのくせ、時には試合が始まったころからぼちぼち雨が降り始めることもあり、徐々に足元が悪くなるために試合では普段の実力の半分くらいのパフォーマンスしか出来ないという・・・(全力を出し切った場合の実力の程度については触れないでおきますが、夏の甲子園へ向けた県予選が始まる1か月前のこの時期に「雨降れ」なんて願っているレベルの選手だったんだなと、今思うと寂しい限りではあります)。

 梅雨の時期なんて、「曇り時々雨、降水確率30〜40%」って言っておけば、雨が降っても降らなくても予報が外れたとは言えませんので、雨が降るのか降らないのか当日になってみないと分かりませんというケースの常套予報が、この「曇り時々雨」なんじゃないかと当時は穿った見方をしていました。

 今はまた違う理由で週末の天気が気になるのですがそれはさておき。昔は雨が降って欲しいと願っていた時期もあったのですが、今は色々と面倒なので雨は嫌いです。飼っている犬も毎朝の散歩に行かれないためか、雨の日はなんだかしょんぼりしている感じもありますし。そのため、梅雨入りと聞くと気分も沈みがちになります。かつては雨が降らないはずだったこの時期の「曇り時々雨」という予報も、最近はちゃんと雨が降ります。

(弁護士 天野正男)

posted by kouhokusogo-lawoffice at 17:17| 日常のこと