2015年10月11日

振り返り

横浜弁護士会では、交通事故による高次脳機能障害相談をおこなっています。
この法律相談は、交通事故相談の中でも専門性が高いため、
相談を担当するには一定の要件を満たす必要があります。
要件の一つとして、研修(経験者の事例報告から事案処理の追体験をする)があります。
私は、高次脳機能障害相談の立ち上げ時から関わっていたこともあり、
先日、この研修の担当者として事例発表をおこないました。
今年終結した事案を素材にしたので(もちろん事案が特定されるような事項は
記載も口頭説明でもしません)、準備自体はさほど大変ではなかったのですが、
自分の事案処理を振り返る良い機会となりました。
いつ、何をしたか。
どのタイミングで、どこに行って、誰と面談をしたのか。
そして、誰に、何を言った(指示した)のか。
良い解決が得られるように、いつも一生懸命頑張っていますが、
改めて自分がおこなったことを整理すると改善点が見えてきます。
今回は、自分の事案処理について、振り返りの良い機会となりました。

(弁護士 天野康代)
posted by kouhokusogo-lawoffice at 10:23| 弁護士業務