2016年01月15日

神奈川エフォートカンパニー被害対策弁護団が発足しました

小中高校生を対象に学習教材の販売を行ったり、個別指導塾「ブレス」を運営していた株式会社エフォートカンパニー(本店:町田市成瀬)が平成27年11月末に事業を停止し、事実上倒産しました。

同社は、学習教材を販売するにあたって、モニター契約なので実質的な負担はないなどと説明して、顧客に信販会社(オリエントコーポレーション、アーチ企業、SPサービスなど)のクレジットを組ませていましたが、同社が事業を停止したために、本来は負担がないはずのクレジットの料金が顧客に請求されるという被害が、東京、神奈川を中心に多数、発生することになりました。

神奈川でもこの被害救済にあたる必要が生じたため、横浜弁護士会の消費者問題対策委員会所属の弁護士有志により、昨年12月、神奈川エフォートカンパニー被害対策弁護団を立ち上げました。

私の事務所は、この件の相談の申込受付窓口となっております(TEL045-474-0352)。そのため、エフォートカンパニーによる教材販売被害に心当たりのある方は、最寄りの消費生活センターにご相談いただくほか、当事務所まで御連絡下さい。弁護団に連絡の上、弁護団所属の弁護士より面談相談のご連絡を差し上げるようにいたします。

なお、既に相当数の被害者の方より消費生活センターないし私の事務所を通じて弁護団にご相談いただいていますが、それでもなお、お問い合わせいただく状況が続いております。そのため、被害に心当たりのある方は、今からでも、私の事務所でも構いませんし、各地の消費生活センターでもよいので、早めにご相談されるようお勧めいたします。

(弁護士天野正男)
posted by kouhokusogo-lawoffice at 18:08| お知らせ